1. HOME
  2. お知らせ
  3. 明けましておめでとうございます
メディア掲載

開業して11年と7カ月が経ちました。

昨年4月には診療報酬改定があり、プラス改定との事前の報道に反して、クリニックにとっては、再診料引き下げ、などがあり収入減となりました。また、不況の影響か、日中に受診できない人が休日夜間当番時に受診する傾向が目立ちます。中には、検査や投薬に費用がかからないようにと注文をつける人まで出てくるようになりました。ある研究会で婦人科医から聞いた話では、子宮筋腫などの良性疾患の手術待ちは1年とのことです。日本の医療の今後が案じられます。

昨年1月、日本抗加齢医学会の認定医療施設に北海道で初めて認定されました。約2年間アンチエイジングドックを行い、約70名の方が受診されました。そこで感じたことは、栄養の偏り、運動あるいは睡眠不足のために、不健康な状態に陥り、充実した毎日を送れない人が多くおられるということでした。アンチエイジング医療を通して、これらの方が元気になっていかれるのを見て、その効果を実感しているところです。これからもアンチエイジングドックおよび医療を充実させていきたいと思っています。

国立病院機構 帯広病院での不整脈外来は、14年目に入りました。標準的な不整脈治療は常勤の先生方で充分なされていますので、今は月1回、外来を担当しています。

 

2011年1月記

PAGE TOP